思い入れのある自分の職場を会社売却するコツ

自社を手放す方法

ビル

必要な手続きの流れ

会社経営者にとっていつかは引退の時が訪れるものですが、自らがオーナーでもある場合には自社の株式をどのように処分するかということに頭を悩ませるのではないでしょうか。子供が後を継ぐのであればそのまま株式も受け継がせるということが考えられますが、そうでなければ持ち続けるか第三者に譲渡するかを検討することになります。譲渡はすなわち会社売却ですので、そのために必要となるプロセスを事前に理解しておく必要があります。まず会社売却の第一段階として、自社の客観的な評価を知ることが重要です。客観性を担保するためには外部の会計士やコンサルタントなどに依頼して評価してもらうことが有効です。次に、買い手を探すことになりますが、よほどコネクションがなければ自分で見つけるのは至難の業ですので、ここは会社売却の支援サービスを提供している専門家に依頼した方がよいでしょう。銀行や証券会社などがこういったサービスを実施していますので、話をしてみると相談に乗ってもらえるはずです。買い手を探す際にはなるべく多くの候補に声をかけて入札形式にすると高値での会社売却の可能性が高まります。よい買い手が見つかって価格も折り合えたら、最後の仕上げは株式の売買契約の締結となります。ここでは価格以外の契約条件について詰めていくことになりますが、これもやはり専門家の手を借りなければ難しい事項です。売却後に会社に隠れていた問題が発覚した場合の責任など、なるべくトラブルにならないように取り決めておく必要があります。無事に契約が締結されれば、株式の引き渡しと対価の支払いをもって一連の手続きが終了します。

レジ

効率良い作業が可能に

ポスレジの優れている点は、様々なデータを自動的に収集した上で保管できるという点です。収集したデータを分析することで、サービスの性質向上や売上げアップが期待できるでしょう。タブレットタイプやレンタルできるポスレジもあるので、利用してみてください。